案内するウーマン

マンション1棟買いは計画をシッカリ行なう|リスクを考える

どうすれば儲かるか

建物

自分で管理する

不動産に投資をすることは、安定して収入を得るためには有効な手段と言えます。マンション1棟買いは大きな利益をみ込める投資方法として、今も昔もポピュラーなやり方ですが、注意しておくと良い点も多くあります。マンション1棟買いの場合、ワンルームなどの区分所有と違って、自分自身で建物を管理をしていくということがまず基本となります。区分所有の場合は、建物自体に別のオーナーがいるわけですから、そういう意味では人任せに出来る部分も大きいですが、マンション1棟買いのケースでは、建物全体を自分自身で切り盛りしていく必要が生じます。たとえ管理会社を利用するときであっても、自分でどの管理会社が良いかを選んでいくため、より経験と勘を必要とする投資方法と言えるでしょう。

どんなメリットがあるか

しかし、マンション1棟買いにはメリットも多くあります。区分所有との比較でみるとそのメリットがさらにわかりやすくなります。まず区分所有と違って、マンション1棟買いは空室リスクを軽減することが可能です。マンションは人が住んでいなければ収入が得られません。区分所有の場合、持っている物件が一つや二つなどと少ないため、一部屋でも空室になってしまうと収入が得られないことがあるのです。一方、マンション1棟買いの場合は何部屋も所有しているため、たとえ一部屋や二部屋くらい空室になっても、十分に他の部屋で損失を補てんできます。すなわち空室リスクが低いというところで、区分所有と大きく違うメリットを享受することができるというわけです。