案内するウーマン

マンション1棟買いは計画をシッカリ行なう|リスクを考える

マンション経営をするなら

部屋

お互いに得する方法

賃貸住宅を経営をするときには、マンション1棟買いする人が多いです。もちろんマンションを個別に購入する人もいますが少数です。もともとから個別の購入を想定していない事も珍しくありません。それは管理者が複数いることで、マンションの公共スペースの管理が複雑になることを避けるためです。これは購入者の都合のようにも思えますが、販売する側もマンション1棟買いをしてもらうメリットはあります。販売する立場からすればマンション内でも住環境が劣る物件もまとめて買い上げて、いっぺんに売り捌くことが出来ます。そして、トラブルの発生する原因の多くは管理が不十分である場合が多いです。しかし評判が悪ければ、販売業者にまで風評被害が及ぶ事があります。販売後の管理を一任できることも販売側がマンション1棟買いを希望する大きな要因の一つです。

円滑な管理が出来る

マンション1棟買いすることで公共スペースの管理が楽になると前述しましたが、その他のインフラの管理も個別に管理するのは困難で、管理者が一人で一元管理した方がトラブルが起きるのを未然に防ぐことが出来ます。住民にとってはよく管理されていることが関心事であり、物件ごとに対応の差があることは非常に不安なことです。もし自分の住宅にトラブルがあり、その原因が別の住宅にある時に修繕費の負担で揉めて、解決するまでに時間がかかってしまう事になります。そのトラブルが原因となって引っ越してしまうかもしれません。同時にマンションの住人に不信感を与えてしまう事にもなります。マンション経営で大事なのはいかにして長く住んでもらい、空き室を作らないかです。マンション1棟買いはそうした事態にならない為には有効な手段です。